2匹目のブタさんを迎え入れる場合

2021年02月12日

しつけ・トレーニング

どうも、こんにちは。mipig責任者兼ブリーダーの皆川竜二です。



既にブタさんと暮らしているmipigオーナー様の中で

「ブタさんをもう1匹飼育したい!」という声を頂くことがあります。

今回は2匹目のブタさんを迎え入れる際の注意点などをお伝えしていきます。




ブタさんは社会性のある動物です。


ブタさんにとって群れを成す事が基本であり、良い精神状態に繋がります。

イギリスのマイクロブタブリーダーさんによってはブタさんのことを考え、

2匹からしか購入できないようにしているブリーダーさんもいます。

イギリスと比べて住まいが狭い日本では環境によって難しいですが、

mipigでは2匹以上での飼育をオーナー様の住環境など判断した上でお勧めしています。

オーナー様の中には2匹飼育している家庭も多く、中には3匹飼育している家庭もあります。




複数のブタさんを一度に迎え入れる際はそれほどブタさんの間で問題は発生しません。

mipigでは相性の良い子をお勧めしたり、仲良く暮らせるように予めmipig cafeで慣らしてからお引き渡しをしております。

問題は既に先住ブタさんが1匹いる家庭です。

この場合は、新しくもう1匹迎え入れる際に「喧嘩」が発生する可能性が高いです。


ブタさんの喧嘩について


喧嘩はブタさんの挨拶というくらい兄弟喧嘩はごく自然的なもので、

群れの中での順位付けをする際に生後2~3日目で兄弟喧嘩が始まります。

兄弟間での順位付けの為にこの喧嘩は行われ、順位が決まれば喧嘩は収まります。

必ずしも体が大きい子が順位が上になるという訳でもなく、

小さくても気が強い子が喧嘩に勝つ場合もあり、

大きくて気が弱い子は順位が下となってしまいます。

厳しい社会に感じるかもしれませんが、順位が決まれば仲が良いものです。

ただブタさんは縄張り意識が非常に強い為、

他の群れのブタさんに対して攻撃的な姿勢を持つことが多いです。

環境が変われば同じ群れにいたブタさんでも関係性が変動することもある為、

同時に迎え入れても絶対喧嘩が起きないという訳ではないです。




実際にmipigのファームで生後3週間ほどのマイクロブタさんが

兄弟喧嘩をしている様子を撮影したものがこちらです。




小さいブタさんの喧嘩は可愛いものであっても、

成長したブタさんの場合、喧嘩によって怪我してしまうリスクが高いです。

なので、徐々に慣らしてあげることが大事です。





ブタさんの同士の慣らせ方


ステップ①

・隣のケージ同士で飼育する


ケージのフェンス越しで喧嘩しますが、好きなだけやらせてあげて下さい。

喧嘩が収まるまでの期間は1日かもしれませんし、数週間かかるかもしれませんが、

時間がかかってもそのうち飽きます。


ステップ②

・ベッドを3日おきに入れ替える


ブタさんは嗅覚で得られる情報が非常に多いです。

ブタさん同士、視覚よりも嗅覚でどのブタさんか見分けているのではないかと言われています。

その匂いに対して安心感を持ってもらう方法として、

ブタさんが寝ているベッドを3日おきに入れ替え、

お互いの匂いに安心感を持ってもらうのもテクニックの一つです。

フェンス越しの喧嘩がなかなか収まらない場合などに試してみましょう。


ステップ③

・面会


フェンス越しの喧嘩が収まれば、面会させましょう。

どちらかが逃げる事が理想です。

逃げた方が敗者となり、今後喧嘩することはなくなります。

逃げ場がないとブタさんも戦うしかないので、

なるべく走って逃げれるような、滑りにくい広い空間で面会させましょう。

お互い強気だと喧嘩に発展します。

軽い喧嘩であれば仲裁に入らない方が良いです。

喧嘩しても傷つかせない方法としては耳や頬にワセリンを塗っておきましょう。

ワセリンを滑ることで非常に皮膚が滑りやすくなり、

噛んでしまった
際も傷を負わせ辛くなります。

酷い喧嘩は仲裁に入り、ケージに戻し、また翌日にでも再度合わせてみましょう。




時間がかかるかもしれませんし、お友達を作る目的でもう1匹迎え入れたのに全然仲良くならない、と思うかもしれません。

仲良くなる為の大事な過程だと考え時間をかけながら取り組むことをお勧め致します。




●● mipig 責任者 皆川 竜二

ペット の ブタ さん、 ミニブタ さん、 マイクロブタ さんの飼い方・飼育情報なら、mipig owners