【車イスぶたさん】あゆむの卒業

2021年02月17日

コラム

どうも、こんにちは。mipig責任者兼ブリーダーの皆川竜二です。

以前、『車イスぶたさん』としてご紹介させて頂いたあゆむくんを覚えていますか?

まだ読まれてない方は是非こちらからご確認下さい!


【車イスぶたさん】あゆむの歩み




簡単にご説明すると、

『足が不自由な状態で生まれたあゆむが、車イスを使いながらも懸命に歩く事を覚 え、

一躍、mipig cafe原宿店の人気者になった』というのがこれまでのあゆむの歩みです。

そしてこの物語に新たな展開がございます。


あゆむはmipig cafeを卒業します。

そして、オーナー様の元へ引き渡しをすることが決まりました。




この経緯を説明するにあたり、少し話を遡ります。

最初にあゆむが生まれてきた時は、初めての事態であった為、正直動揺しました。

このままでは歩けずに死んでしまうのではないか、

何とか”普通”のブタさんの足に治すことはできないのか?など。

トレーニングをしてあゆむに車イスを覚えさせてからも、

『本当にあゆむをmipig cafeに連れてきて良いものなのか?』と悩みました。

そこであゆむをひいき目で見ている自分に気がつきました。

こんなにも元気いっぱいで、他のブタさんよりも気が強く、

人が大好きなあゆむをひいき目で見る必要があるのだろうか?

あゆむもきっと自由に遊びたいはず。






mipig cafe原宿店に入園したあゆむは、

当初の私たちの不安を吹き飛ばすように元気一杯に走り回り、す ぐにお友達もできました。

そんなあゆむの姿をSNSで発信した際に頂いた皆様の反応は感極まるものでした。

あゆむの姿を見て、元気をもらったという声を沢山いただくことが出来ました。

そして、そのSNSでの発信により、予想外の出来事が起こりました。

「あゆむくんを是非とも家族として迎え入れたい!」と希望される方が何人も現れたのです。


あゆむをmipig cafeに連れてきたものの、

お引き渡しすることはあまり想定しておりませんでした。

当然、他のブタさんとは違ったケアが必要になるので、

一般家庭であゆむのお世話をすることができるのか、など

どうしても取り払えない懸念点がありました。


ただあゆむを家族にしたいと志願してくださった方々は全員、本気でした。

お引き渡しすることに懸念点があるとはいえ、

あゆむを生涯愛し育ててくれる家族がいるのであれば、

それがあゆむにとって一番幸せではないのか?

そう感じ、希望者の家庭環境などについて、細かくヒアリングすることを決めました。







その後、全ての希望者とヒアリングをした結果、

mipigが安心してあゆむをお引き渡しできる方と出会うことができました。

これからあゆむのオーナーになる方のプライバシー保護の為にも、

細かくご説明することはできませんが、動物関係の仕事をしており、

足が不自由な動物の飼育経験もある、知識や経験に長けている方です。

この方であれば安心してあゆむを引き渡せる。

そして社内でも話し合いを重ね、

あゆむはmipig cafeを卒業することになりました。





卒業は3月下旬以降を予定しています。


それまでは引き続きmipig cafe原宿店に在籍していますので、

原宿店へ足を運んでいただいた際に運が良ければ

あゆむが元気に走り回っている姿を見ることができるかもしれません。

(タイミングによりフロアに出ていない場合もございます)


あゆむの動画はこちら

卒業してもあゆむの物語が終わる訳ではありません。

これからあゆむは新たな一章を迎えていきます。

あゆむを今まで応援して下さった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

これからもあゆむをよろしくお願いします。

最近、車イスが一回り小さくなってきたので、卒業前にもう一台作ってあげることにします。




●● mipig 責任者 皆川 竜二

ペット の ブタ さん、 ミニブタ さん、 マイクロブタ さんの飼い方・飼育情報なら、mipig owners