【mipig family紹介#13】福祉施設で暮らしているぶーちゃん

2021年06月18日

mipig family

今回は、福祉施設で暮らしているmipig familyのぶーちゃんを紹介したいと思います。

ぶーちゃんは、福祉施設でどのように生活しているのか、ほっこりするお写真とともにご覧頂ければと思います。

紹介ブタさんプロフィール


お名前:ぶーちゃん

生年月日:2020年7月産まれ

在住都道府県:京都府

体重:8.4kg(2021.5現在)



カフェ卒業日のぶーちゃん


マイクロブタさんを施設でお迎えしようと思ったきっかけを教えてください。


以前飼っていたインコが亡くなったことで、ペットロスになり、次に買うなら、噛んだり、引っかいたりしない動物を考えた結果、マイクロブタが候補に挙がりました。そのタイミングで、mipigの存在を知りました。また、タイミングよく、大阪にブタカフェができることを知り、一度足を運んだことで、気持ちが決まりました。


性格とチャームポイントを教えてください。


なんといっても、目です。色々なマイクロブタを見て、この子以外は考えられないと思うほどでした。




 利用者様の反応はどうでしたか?


初めてブタを触る方が殆どで、とてもかわいがられています。また、毎日挨拶しにくる方もいます。


 施設にマイクロブタさんをお迎えして良かった点を教えてください


利用者様の笑顔が増えたのは勿論、これまで時間を持て余してた方がマイクロブタを見に来られ、その方の楽しみの一つになりました。また、会いに来ることで、歩行訓練のきっかけにもなります。

また、職員に対しても癒しの存在です。




わんちゃんなど、他の動物との違いを感じることはありますか?


犬や猫などは、好き嫌いがありますが、触れたことないマイクロブタについては、皆さん可愛がられます。また、人間にかみついたりすることがないので、安心です。


 施設でのぶーちゃんの暮らしぶりを教えてください。


朝夕と、職員が餌の準備や清拭などを行います。そしてそのタイミングで、中庭にだすと散歩と排便します。、昼食後は、デイサービスにてみなさんと触れ合います。

基本的にゲージの中にいますが、みなさん身に来られたり、触れられたりしてます。それでもさみしくなったり、お腹が空いたら、「ブヒーッ」と鳴くので、その時はゲージを出して遊んだり、オヤツを与えます。




これからブタさんをお迎えされる方へ一言お願いします。


想像以上に可愛いです。家で飼っているともっと触れ合えるのでしょうが、施設などは毎日人がいるので、家で家人が留守にしているよりは良い環境かと思います。

これから、動物を飼う場合は、犬や猫、鳥などの選択肢以外に、必ずマイクロブタが入ると思います。可愛過ぎて、ついつい餌を与え過ぎてしまうので要注意です(笑)




ぶーちゃんの日々の暮らしはこちら

Instagram:@rakunanfukusikai


福祉施設で暮らしているぶーちゃんは、利用者様やスタッフの皆様に可愛がられながら、日々過ごしている様子にほっこりしますね。

現在は、保育園や福祉施設などへお迎えやお問い合わせが増えております。保育園や福祉施設でのお迎えで不安な点等ございましたら、お気軽にmipigへご相談くださいませ。


●●

mipig 編集部

ペット の ブタ さん、 ミニブタ さん、 マイクロブタ さんの飼い方・飼育情報なら、mipig app。