問題行動が増してしまう、NG行動について

2021年12月17日

しつけ・トレーニング

ご家族の何気ない行動がブタさんの問題行動を知らず知らずのうちに増やしているかもしれません。問題行動でお困りの方は是非、今回の記事を参考にしてください。


夜鳴きや要求鳴きのNG行動


カフェでは、兄弟や仲のいいブタさんと寝ているため、お迎え直後に環境の変化・寂しさから、夜鳴きをする子も多いです。また、構って欲しい・ケージが出して!と要求鳴きする事もあります。そんな時になかなか鳴きやまず、構ってしまったり、ケージから出したりしていませんか?この行動の結果、鳴けば要求が通ると思ってしまう場合があります。心苦しいですが、今後のためにも、鳴いている間は無視の徹底を行いましょう。

〈ポイント〉広い場所は落ち着かない子も多いので、ケージ内が広い場合は、寝る場所を狭くしてみましょう。移動用キャリーを置いたり、ブランケットを多めにすると、狭くなったり、埋もれたり出来るので、落ち着くようになる子が多いです。また、ぬいぐるみを入れてあげると、寂しさ軽減になります。




ごはんやおやつ時のNG行動


ごはんの時間が近づくについて、騒ぐ、噛むなどの方法で要求する事があります。また、朝ご飯の際は何時間も前に起床し騒ぐなど、ご家族を起こしてしまう事が多いです。そんな時に、静かにさせる為にごはんの時間を早めてあげたりしていませんか?

この行動の結果、騒いだり、噛んだりすればごはんの時間を早めてもらえると認識をしてしまい、結果的にどんどん要求する時間が早くなってしまう場合があります。

また、おやつの際にも要求されてあげてしまうと、常におやつを要求するようなってしまう場合があります。ごはん時間になるまでは絶対にあげない、静かになってからあげるように心がけましょう。

〈ポイント〉朝早く起こされてしまうご家庭では、カーテン・窓を開けてからごはんをあげる事で、早く起こされることがなくなったようです。ごはん前のルーティンを作る事は、ブタさんにとっても分かりやすく、おススメです。また、ごはん前には「待て」を行い、待てた際にごはんをあげましょう。騒がずに待っていればもらえるという認識を付ける事が大事です。


家具や壁を噛んでいる時のNG行動


家具や壁を噛むことがあると思います。特に歯の生え変わる時期は歯痒いため、かじりたい欲が強くなります。そんな時に噛むのを止めて欲しいからとおやつをあげていませんか?この行動をしてしまうと、家具を噛むともらえるという認識になり、噛む頻度が増えてしまう場合があります。

〈ポイント〉噛むからとおやつを与えるのではなく、噛む前に噛めるおもちゃなどを与えておきましょう。かじり木やカジカジコーンなどがおススメです。


おトイレを外した際のNG行動


今までしっかりおトイレが出来ていても、稀に外してしまう事もあります。そんな時に「ダメ」などと反応したりしていませんか?この行動の結果、外せば構ってもらえると認識してしまい、外す癖が付いてしまう場合があります。外した際には、反応せず、無視をして外してしまった箇所のお掃除をしましょう。

〈ポイント〉わざと外す子は、「外したよ」と顔を合わせてくる事があります。その際は、顔を合わせず、見てないふりをしましょう。おトイレでできた際は、大げさに褒めてあげましょう。


今回の記事は、ブタさんとの生活の参考になりましたか?問題行動やしつけでお困り事等ございましたら、お気軽にmipigへご相談くださいませ。


●●

mipig 編集部

ペット の ブタ さん、 ミニブタ さん、 マイクロブタ さんの飼い方・飼育情報なら、mipig owners。