【獣医師監修記事】ブタさんの歯について

2022年11月02日

健康・病気

11月8日は「い(1)い(1)歯(8)」ということで、日本歯科医師会によって【いい歯の日】に定められています。今回はブタさんの歯に関する知識やオスの成長とともに伸びてくる犬歯(牙)に対する対処方法について考えていきましょう。


 ブタさんの歯の本数


哺乳類の歯の構成についての表記方法に歯式というものがあります。

口の中央から片側の4種類の歯(前から切歯、犬歯、前臼歯、後臼歯の順)の本数を上顎と下顎に分けて表記するのが一般的です。



つまり、切歯(前歯)は上下で3本ずつの計6本、それが左右にあるため計12本となります。犬歯は上下で1本ずつの計2本、それが左右で計4本。このように数えていくと、前臼歯は合計16本、後臼歯は合計12本となり、ブタさんの永久歯の数は全部で合計44本となります。


 ブタさんの歯の特徴


動物の歯の構成は種によってかなりの差があり、その動物が食べるもの(食性)に適したものになっています。

ブタさんは偶蹄目という動物種に属しています。偶蹄目の仲間には、牛、羊、ヤギ、カモシカ、キリン、シカなどがいます。彼らはすべて草食性でその食性に適する歯の構成になっており、牛やヤギなどに犬歯はなく、その代わりに臼歯(奥歯)が発達して草をすりつぶせるような形になっています。


ではブタさんはどうでしょう。ブタさんは偶蹄目の中では珍しく雑食性で、ブタさんの馴化以前の姿であるイノシシの歯の構成を色濃く引き継いでいます。

イノシシは森林に棲み、木の実、種子、草の茎葉根、コケ類、キノコに限らず、ミミズ、昆虫の幼虫、水辺のカニ、貝類、カエル、ヘビ、鳥の卵、ネズミ、ウサギなどの小型哺乳類まで様々なものを食べます。それゆえに臼歯(奥歯)は肉食と草食の中間の様な形になり、闘争したり肉を切り裂くための犬歯が必要になったと考えられます。


 ブタさんの犬歯(牙)について


イノシシやブタさんのオスの上下の犬歯は一生伸び続けます。

少し難しい説明になりますが、上下の犬歯だけは他の歯と違って常生歯と呼ばれ、ウサギやネズミの切歯やゾウの牙状切歯(いわゆる象牙)などと同じように、歯冠(歯茎より上にでている部分)が形成され続ける歯になります。

牙は根元から積み重なって作られたものなので、犬歯(牙)の先端の方には血管や神経は通っていないと考えられます。


mipig ownersの記事『ブタさんのお迎えするなら男の子か女の子か』にも記載をしていますが、mipigのマイクロブタさんも男の子は犬歯が伸びます。去勢手術が済の状態でお迎えされるため、未去勢の男の子よりは犬歯の伸びるスピードは比較的緩やかではありますが、伸びてきた場合は短く切ることを検討する必要があります。


ブタさんのお迎えするなら男の子か女の子か?



 犬歯の切除に関して


ブタさんの犬歯(牙)は上顎の犬歯は外側に向かって伸び、下顎の犬歯は上に向かって伸びます。上顎の犬歯の先端は下から伸びる犬歯とぶつかり擦れることで削られるためどんどん伸びることはないようです。一方、下顎の犬歯は上顎の犬歯にぶつかり研がれ鋭くなります。



おうちのブタさんの牙が、人間と共に生活する上で危険だと考えられる長さになった場合、おとなしいブタさんでもびっくりした時などに不意にオーナーを傷つけてしまう可能性もあります。そのような事故を未然に防ぐために、mipigでは“安全な範囲までの部分的な切除”をおススメしています。切除方法は、動物病院において麻酔下で獣医師に切除してもらうことが一番安全です。


ご家庭において無麻酔での切除は以下のような危険が考えられるため、行わない方がよいでしょう。

    切除時にブタさんが動き、頬や口唇、口腔内を誤って傷つけてしまう可能性がある

    ニッパーのようなもので潰すように切ると牙が根元まで縦に割れてしまい大量出血に繋がる可能性がある

    切除位置によっては牙の中に走っている血管や神経に当たり痛みを感じたり血管から菌が入り感染症の可能性がある


 牙の切除位置に関しては、動物病院と相談することになりますが、血管や神経の走行は個体ごとに若干の違いがあるため注意しながら切除していきつつ、唇が隠れる範囲までに留めることが推奨されます。


何度も伸びてくるのであれば、切除ではなく、抜いてしまうのはどうでしょう…?という意見もありますが、こちらの図を見てみましょう。




上下の犬歯は見えている長さ以上に根が頭蓋骨まで埋まっています。抜いてしまうと頭蓋骨に大きな穴が開いてしまい骨が弱くなってしまったり、犬歯の周りの歯肉も深く切らないといけないため、術後の体への負担が大きいということがあり、牙を抜くことはおススメできません。


 まとめ


・ブタさんの歯の構成は、同じ偶蹄目の中では珍しく雑食性で犬歯をもつ。

・犬歯(牙)は男の子のブタさんでは緩やかだが、生涯伸び続ける。

・伸びてきた牙に関しては人間との生活において危険が伴う場合があるため部分的に切除を行うことを考えておく必要がある。

・切除する場合の方法は、安全面を考慮し、“動物病院において麻酔下で安全を確保した上”で、“無理をしない範囲まで部分的に切除する”ことが推奨される。


最後に、ここまでブタさんの歯の話、男の子のぶたさんの犬歯(牙)の話をしてきました。


もしかすると、男の子のブタさんに対して少し敬遠する気持ちが芽生えてしまった方もいらっしゃるかもしれません。男の子のブタさんには男の子だからこその魅力があります。性格が素直でわかりやすいところ、無邪気なところなど、マイペースなところなど。子供の歯が抜けて我が子の成長を実感するように、ブタさんの牙も身近に感じて欲しいと思います。


改めて、11月8日の「いい歯」をきっかけに、おうちのブタさんの歯について、考えてみてはいかがでしょうか。


●●

mipig vets

ペット の ブタ さん、 ミニブタ さん、 マイクロブタ さんの飼い方・飼育情報なら、mipig owners。